ふと手をやった時に感じる、肌のザラザラ感。
じっくり近寄って鏡を見ると、何やら肌にポツポツとした小さな粒が…。

そのポツポツした粒の正体は、角質粒かもしれません。

角質粒って何だろう?と思われた方のために簡単に説明すると、答えは「イボ」です。
イボだなんて耳にしたくない言葉かもしれませんが、実は加齢と共にお肌にどうしても出来てしまいがちなものなのです。

イボには、ウイルス性でできるものと、非ウイルス性、自然とできるものの2種類あります。
今回お話する角質粒については、非ウイルス性のものです。

角質粒は少し難しい言葉でいうと、「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」と言います。

なぜ角質粒が出来るのかというと、主な原因は紫外線を浴びて肌にダメージが蓄積されたことや、摩擦、加齢などが挙げられます。
加齢や体調不良などで新陳代謝が衰えてしまったり、長期間に渡って肌にダメージを与えられることで、体外に排出出来なかった古い角質が表面化してしまう事が、角質粒の主な原因かと思われます。
紫外線による皮膚の老化現象を、「光老化」と言います。
肌は、外部からダメージを受けたり、紫外線を浴び続けると、肌の中で「メラニン」という色素を生成します。
この色素を作ることで、肌の奥に紫外線が届かないようブロックする働きがあります。
通常、生成されたメラニンは新陳代謝によって、古い角質と一緒に垢として排出されます。
この時、やはり加齢や体調不良などで上手にメラニンが体外に排出されなかった場合ですが、メラニンがシミとして色素沈着を起こしてしまう事があります。
これを難しい言葉で「老人性色素斑」と呼びます。
この色素の沈着してしまった部分が盛り上がってきたり、表面がだんだんザラザラしてきて、角質粒が生まれるケースもあります。

少し難しい言葉が続いてしまいましたね。
紫外線が角質粒の大敵であるということ、紫外線を浴びるとお肌が老化していまうということ、そして、シミやシワがあると、角質粒が生まれやすいと思ってください。

角質粒の特徴ですが、かゆみ、痛みなどはなく、ごく小さな粒粒が肌に出来ている事が特徴です。
見た目はごく小さな粒で、色は、肌色からくすんだ褐色、灰色までさまざまです。
もしかゆみや痛みがあれば角質粒ではなくウイルス性のイボの可能性がありますので、早めに病院へ行きましょう。

角質粒についての治療法ですが、皮膚科や形成外科などで診察して治療する場合には、ヨクイニン(はとむぎから抽出したエキス)をお薬として飲む方法、メスやレーザーを使った簡単な手術などがあります。
病院などに通わず、自宅で角質粒を治していきたいとお考えの方には、まず睡眠をしっかりとり、心身ともに健康な状態を保つことからはじめて下さい。
たばこ、アルコールや刺激物は控え、市販の美白成分が含まれた化粧品や、シミ、シワ対策化粧品を使用することで、肌の新陳代謝が正常に行われるよう、肌に働きかける事も大切だと思います。
角質粒は放っておいても体に害はありませんので、ゆっくりじっくりと気長にお肌のケアをしていきましょうね。