今回は、感染性のあるウイルス性のイボ、「水いぼ」についてお話していきますね。

イボには、感染性のあるウイルス性のものと、非ウイルス性、つまりウイルスが原因でないものとの2種類があります。
水いぼは少し難しい言葉で「伝染性軟属腫」と言います。
児童期と呼ばれる期間、幼稚園から小学校低学年ぐらいの間によく発症するものです。
たとえばプールなどでの肌の接触による、子供同士での感染が非常に多いそうです。

抵抗力が強ければ自然治癒していきますので、年齢が大きくなるに従って発症しづらくなりますが、抵抗力が弱い場合は、自然治癒することはありません。
目安として、体に水いぼが5個以上できてしまったら、すぐ病院で診断を受けましょう。
アトピー持ち、特定のアレルギー持ちであったり、喘息疾患をお持ちの方は特に注意して下さい。

水いぼの特徴ですが、丸くてぷつんとした、きれいな円形の見た目をしていることが特徴の一つです。
まるでパールのように、きれいなまん丸い形をしています。少し表面が赤いです。大きさは小さなものから大きなものまでさまざまです。
ウイルス性のイボには、かゆみや痛みを伴うものが多いです。
特に水いぼはかゆみを伴う場合が多いので、かいたり皮膚に刺激を与えたりせず、出来るだけ早く病院へ行きましょう。
かきむしってしまうことで感染性のあるウイルスを皮膚上に広げてしまい、イボが広がり「とびひ」という状況になることもあります。
繰り返し書きますが、絶対にかきむしったりせず、すぐに病院へ。

水いぼの治療方法についてですが、
免疫力で自然治癒するケースもありますのでなんとも言えませんが、お子さんが辛そうにしている状態は、見るに堪えないものがあります。
体に5個以上出来てしまったら危険なサインです。とびひのような状態になったら、もう楽観視はできません。

病院では、医師とお子さんとご両親とよく相談した上で治療方針を決めるケースが多いそうです。
水いぼの白い芯の部分を直接ピンセットでつまんで取り出したり、液体窒素を水いぼにあてて、いぼの中身を蒸発させてしまう治療法もあるようですが、
まずは医師の判断を仰ぐのが良いかと思います。

また、まれに大人にも発症する場合があります。
この場合は手や足、手のひら、陰部などに水いぼができます。
感染源は手や足であれば抵抗力が下がったことによるウイルス感染、陰部の場合はおもに性行為での感染が原因となります。
大人の場合も、子供より抵抗力があるとはいえ、出来るだけ早めに病院へ行って下さいね。

水いぼの予防法についてですが、
皮膚を清浄に保つことと、乾燥肌や敏感肌の場合は入念にケアするよう日頃から気をつけて下さい。
お子さんでは特に感染源として心配なのがプールですが、プールそのものが危険なのではありません。
タオルやビート板など、肌に密着させるものを共用することで感染するケースが多いようです。
できるだけ皮膚に密着するものの共用は避けて、プールが終わったあとは、体をきれいに洗って清潔なタオルで拭いておきましょう。

お子さんに多い水いぼについてお話しましたが、いかがでしたでしょう。
水いぼについて、お悩みの方のお力になれればと思います。